結婚指輪の由来|歴史を知ることで愛着がわく

新郎新婦のシルエット

大切なドレスの選び方

青いドレス

ウェディングドレスの対比

結婚式の主役である花嫁をより美しく際立たせるアイテムが、ウエディングドレスです。真っ白なドレスには、これから新郎に染まります、という意味合が込められており、挙式の際はほとんどの場合この真っ白なウエディングドレスを着ます。そして、ほとんどの場合、披露宴でお色直しと言うものがあります。挙式で愛を誓い合い、新郎に染まりました、という意味が込められているカラードレスには、多くの種類や形があり、花嫁らしさを演出する重要なアイテムとなります。カラードレスは、その豊富さから選ぶのが大変であると言われています。そのため、選ぶ際にはいくつかのポイントがあります。まずは、ウエディングドレスとの対比です。例えば、真っ白なドレスがエレガントで大人っぽいものであった場合は、違った印象を作り出すためカラードレスはファンシーなデザインのもの、というように決めることで、選定をスムーズに行うことが出来ます。

色を決める

もう一つのカラードレス選びのポイントは、色についてです。カラードレスはその名の通り、様々な色があります。自分の好きな色が明確な場合はあまり悩むことはないですが、好きな一色が決められない場合は、自分に合った色を見つけ出すことが大切です。その際のポイントの一つが、年齢です。色は、年齢によっても合う合わないが左右される場合もあります。例えば30代の場合は落ち着いた青や淡い緑などのシックな色、20代前半の場合はかわいらしいピンク色、など年齢に合わせてある程度色を決めることで、的を絞ることが出来ます。カラードレスは様々な種類がありますが、必ず自分に合った色があります。根気よく選び、自分にぴったりのものを見つけ出しましょう。