結婚指輪の由来|歴史を知ることで愛着がわく

新郎新婦のシルエット

大切な指輪選びならこちら

リボンとリング

伝統あるハワイの宝物

最近よく耳にするハワイアンジュエリーは独特の紋様が彫り込まれているのが特徴です。その始まりはハワイの女王リリウオカラニがイギリスの王子の訃報に心を痛め、メッセージ入りのバングルを作らせたという話が定説になっています。正式名称はハワイアン・エアルーム・ジュエリーといいます。代々伝わる家宝という意味から、新たな家族となる夫婦が身につける結婚指輪としてふさわしいと、多くのカップルに選ばれるようになりました。ハワイアンジュエリーは彫り師がひとつひとつ丁寧に手作りされているので、同じものがふたつとありません。素材選びから始まり、色や形、デザインに至るまで細かく決めていきます。特に指輪に彫り込むデザインにはそのひとつひとつに意味があるのです。

特別な意味を込めて

伝統のあるハワイアンジュエリーの特徴である紋様の数々には、それぞれ意味があります。結婚指輪として選ぶときに1番迷われるのではないでしょうか。ハワイアンジュエリーとしてスタンダードなデザインのプリンセスデザインは、ハワイで親しまれているプルメリアの花に波のモチーフを彫り込んだものです。プルメリアには情熱や古くから幸せになるお守りの意味があり、波は永遠や幸せが運ばれてくる意味があります。マイレリーフはハワイにある植物の葉です。神聖なものとして、昔のハワイでは新郎新婦が今の結婚指輪としてマイレリーフを交換していました。聖なるつながりを意味することから、たくさんのリーフを重ねたデザインは永遠の愛を誓うのにふさわしいと、こちらも人気のあるタイプです。大切な結婚指輪なので、ハワイアンジュエリーを選ぶときはお店選びが重要です。長くお世話になりますから保証のしっかりしたブランドを選びましょう。